ランドセルを選ぶ際のポイントをまとめてみました

さて最後に、ランドセルを選ぶ際のポイントをまとめてみました。
参考にしていただけましたら幸いです。

「体感重量」が大切

ランドセルは、やはりまず「軽い」ことが大切ではないでしょうか。
特に低学年のうちは、子供の体はまだまだ小さいです。
子供の体にランドセルの重さが負担になるようでは、やはりいけません。

そこでランドセルの重さ自体が軽いことは大切ですが、
それ以上に大切なのは、「体感重量」です。

これまでのランドセルは、ランドセルが後ろに引っ張られることで、
どうしても肩や背中などに負担がかかることになっていました。

それに対してフィットちゃんや天使のはねは、肩ベルトを上に立ち上げることにより、
ランドセルを背中に密着させ、ランドセルの重さを全身に分散させることにより、
体感重量を減らす工夫をしています。

6年間使える「耐久性」

ランドセルは、6年間使い続けられてこそ、価値があるといえるのではないでしょうか。

どんなに軽いランドセルでも、
耐久性が低くてすぐに壊れてしまっては、やはり意味がありません。

ですから耐久性にどのような配慮をしているかは、
ランドセルを選ぶ上での大きなポイントになってくると思いますが、
ランドセルが本当に6年間使えるかどうかは、
新品のランドセルを見ただけでは分からず、
実際に使ってみないといけないことになるんですよね。

ですからランドセルに、「6年間の品質保証」が付けられていることは、
ランドセルを選ぶ上で大きなポイントになってくると思います。

保証がついていれば、
メーカーが耐久性についてそれだけ自信を持っていると言えるのではないかと思います。

教材がきちんと入る「収納力」

近年教材が大型化していますから、
それら大型教材がきちんとランドセルに入るかどうかは、大事な問題だと思います。

ランドセルに教材が入らないようでは、
ランドセルの役目を果たせないと言ってもいいわけですよね。

まずA4サイズの教科書がすっぽり入らなければいけないことはもちろんです。
でもこれについては、多くのランドセルが、問題なく条件を満たしています。

しかしさらに、A4サイズのプリントをまとめて入れるための、
「A4クリアファイル」がきちんと入るようになっているかどうかも、
大切な問題だと思います。

皆がランドセルにすっぽりと入れているA4クリアファイルを、
自分の子供だけが入れられないとなってしまうと、やはりかわいそうですね。